【汎用電池パック充電器】ANE-USB-01

Dsc_0014_640.jpg
ムービー、デジタル一眼レフ、コンパクトデジカメetc・・・
皆さんも家に充電器がいっぱいあって、充電する度に「どれだっけ?」と迷った上に、
いざ使おうと思ったら見当たらない・・・ってことはありませんか?


Dsc_0006_640.jpg
鬱陶しいので、我が家で所持してる全ての機種に対応可能な
汎用リチウムイオンバッテリー充電器を購入「ANE-USB-01」(¥1,870也)

本体以外の付属品は簡単な説明書とUSBケーブルのみ。
(USB_ACアダプターが必要な場合は市販品等を別途購入せねばなりません)


Dsc_0007_640.jpg
使用方法は↓
①本体のスライドパネルをずらし(青矢印)バッテリーを写真のように軽く挟みます。
②接点をバッテリーの+-に合わせます。(赤矢印)
 (接点の+-は自動判別するので気にする必要はないとのこと)


Dsc_0008_640.jpg
③接点の位置が決まったらバッテリーをきっちりセットし、USBケーブルを接続して充電開始。
 (充電中は赤ランプが点灯します)


Dsc_0009_640.jpg
④青ランプが点灯したら充電完了です。


バッテリーの幅は33mm~75mmまで対応するとのことですが、レビューを見てると
「スライドが壊れた」というコメントが散見されるので、あまり幅の広いバッテリーには
使わない方がいいかもしれませんね^^;

純正の充電器の半値以下の価格なので耐久性はそれほど期待しませんが、
これ一つで手持ち機器の全てに対応出来るというのは素晴らしい^^


【製品仕様】
INPUT・・・DC-5V 1A~2A
OUTPUT・・・4.2V 800mA
本体サイズ・・・縦65mm、横1.5mm、高さ20mm、重量45g
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ベーコンとしめじのパスタ(2人分)

我が家では普通の醤油とは別に、ヒガシマル醤油の「牡蠣だし醤油」というのをいつも買ってるのですが、
先日買った商品に小さいメモのようなサイズのレシピがついてました。

小さ過ぎてすぐに紛失しそうなので、作ってみるついでに自分用の備忘録として
ブログにレシピ(※)をアップしとこうと思います。
(※材料や手順は若干元レシピと異なる部分があります。)

----------------------------------------------------
【材料】(2人分)
 ・スパゲッティー   200g(我が家だと家族3人分で240g)
 ・ベーコン      50g
 ・しめじ       1/2パック
 ・オリーブオイル   大さじ1/2
 ・チューブにんにく  大さじ2/3
 ・赤とうがらし    小振りの物1/2本(種は抜いておく)
 ・バター       20g
 ・牡蠣だし醤油    大さじ2
 ・粗びき黒こしょう  適量
 ・青じそ       2枚(せん切り)
----------------------------------------------------

①鍋に1Lの水を入れ、塩を小さじ1入れる。
 スパゲッティー240g(我が家での3人分)を半分に折り、鍋に入れて点火。
 (水の状態からそのままスパゲッティーを入れて茹でる)


Dsc03670_640.jpg
②↑のように噴いてきたところから更に7~8分茹でる。(噴いたところからパスタの袋に記載されてる時間茹でる)
 (茹でてる最中は鍋の蓋を開けたり、パスタを解したりしてはいけないので注意!一切手を触れるべからず。)


Dsc03667_640.jpg
③フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)、チューブにんにく(大さじ1/2)、
  種を抜いて細かく切った赤とうがらし(小ぶりの物1/2本)を弱火で炒める。


Dsc03668_640.jpg
④香りが立ったらバター(20g)を入れる。


Dsc03669_640.jpg
⑤細かく切ったベーコン(50g)、バラしたしめじ(1/2パック)を④に加えて更に炒める。


Dsc03671_640.jpg
⑥茹でたスパゲッティーを⑤に加え、牡蠣だし醤油(大さじ2)を入れて雑ぜる。


Dsc03674_640.jpg
⑦器に盛り、粗びき黒こしょうを適量かけ、青じそのせん切りを載せて完成。
 (青じその葉は、2枚を小さく丸めて切るとせん切りし易い)

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

クリスマスケーキ2016完成

Pc243610_640.jpg
クリスマスケーキ(サイズは6号)完成!
今年はチョコレートケーキにしました。
中は2層になっており、下段にはミカン、パイナップル、黄桃が入ってます。

完成したのはいいけど、背が高過ぎて箱に入らない・・・ A(^_^;)

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

カレーレシピ(自分用備忘録)

以前の記事でもカレー日記をアップしましたが、使用する材料が若干変わってきてることもあり、
自分用の備忘録を兼ねて、再度レシピをアップしておこうと思います。

--------------------------------------------
<材料>
 • 牛肉 50g(バラ肉でもミンチでもOK)
 • タマネギ 100g(オニオンソテー100g)
 • にんじん 30g
 • バター 20g
 • 水 600㏄
 • コンソメ 小さじ2
 • 炒めたまねぎペースト 1袋(40g)
 • カレールー 35g(2種類のルーを1つずつ)
 • カレー粉 小さじ1/2
 • 砂糖 小さじ1/2
 • ウスターソース 小さじ1
 • 中濃ソース 小さじ1
 • ホワイトペッパー(コショウでも可) 1g
 • 塩 ふたつまみ
 • インスタントコーヒー ふたつまみ
 • お酢 小さじ1/2
--------------------------------------------

カレーを作る時、まずはタマネギを飴色になるまで炒めるんですが、
飴色になるまで炒めようと思うと30分はかかります。
焦げ付かないようにしないといけないし、正直地味に面倒くさいです(笑)


P7183285_640.jpg
「タマネギ炒めるの面倒くせ~なぁ」と思ってたら、義母から「オニオンソテー」なる物を頂きました。
(切る前に写真を撮っておくんだった^^;)

因みに業務スーパーで500g入りのが税込み410円くらいで売ってます。
これがあればタマネギを炒め終わったところからスタート出来てむっちゃ便利(笑)


Dsc03572_640.jpg
オニオンソテー100g、牛肉50g、にんじん30g(みじん切り)


Dsc03574_640.jpg
バター20gを溶かした鍋に上記3つを投入し、肉の色が変わるまで炒めます。


Dsc03575_640.jpg
水600ccを入れ、コンソメ小さじ2、炒めたまねぎペーストを一袋分入れて7~8分煮込みます。
(お湯が沸騰し始めたらところから弱火と中火の間くらいの火加減で7~8分煮込む)


Dsc03578_640.jpg
一旦火を止め粗熱を取ります。
写真では一回り大きな鍋に水を入れ、そこに調理中の鍋を入れて時短で冷ましてますが、
「料理は科学」らしいし、あまりに急激に温度を下げ過ぎるも良くないかもしれません。

・・・ということで、火を止めてから10分程自然に冷まし、それから水を張った鍋に入れて冷ましています。


Dsc03580_640.jpg
温度が適度(70度以下)に下がったところで、ジューサーに入れてペースト状にしてやります。


Dsc03582_640.jpg
ジューサーでペースト状にしたものを鍋に戻し、再び火を弱火+αくらいにして煮込みつつカレールーを投入。


Dsc03586_640.jpg
カレー粉小さじ1/2、ウスターソース小さじ1、中濃ソース小さじ1、砂糖小さじ1/2、コショウ1g、
塩ふたつまみ、仕上げに、インスタントコーヒーふたつまみ、お酢小さじ1/2を入れ10分程度弱火で煮込んで完成!


DSC_0087_640.jpg
カツをトッピングしてカツカレ~完成!

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

美味いカレーが食べたくて試行錯誤しております。

先日の日記で某カレー専門店の再現レシピでカレーを作りましたが↓
http://1998djebel.blog.fc2.com/blog-entry-1094.html


Dsc03500_640.jpg
ポークカレーよりビーフカレーの方が好みなので、先日のレシピの「豚肉50g」というのを「牛肉50g」に変更して作ります。


Dsc03501_640.jpg
先日はフライドオニオンを近所のスーパーで見つけることが出来なかったのですが、別の店で見つけたので買ってきました。
このレシピではフライドオニオンが30g必要なのですが、10gで100円もするのは高いですな^^;

完成後食べてみた感想としては、40gで100円の「炒めたまねぎペースト」を使用した場合と
特に味に差が感じられませんでしたので、今後は安上がりで済む「炒めたまねぎペースト」で行こうと思います。


Dsc03502_640.jpg

Dsc03504_640.jpg
さて・・・このカレーのレシピでは、カレールーを溶かす前に具材をミキサーでペースト状にするのですが、
我が家のミキサーが安物だから・・・なのかは分かりませんが、
説明書を見る限り高温の食材を入れて使用するのはダメなようです。

時間短縮のため、水を張った一回り大きい鍋に具材の入った鍋を浸けて冷ましてるのですが、
料理は化学だと言われるだけに、こういう急速に冷ますやり方はもしかしたらNGなんでしょうか?


Dsc03505_640.jpg

Dsc03463_640.jpg
子供から「また食べたい!」という要望が出たので、今後も「豚→牛」に変更したレシピで行こうと思います。
(以前も「今後もこれで・・・」と同じこと言ってたような気もしますが・・・^^;)

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

訪問者数
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ジェベル・ノッテル

Author:ジェベル・ノッテル
2011年6月19日にこちらのブログに引っ越してきました。

ジェベル200というオフロードバイクに乗ってあちこち走ってます。

スズキから新型が出るのを待ってましたが、結局ジェベル200はモデルチェンジされることもなく生産終了になってしまいましたorz

スズキが新しいの出さないので、ジェベルを自分で勝手にモデルチェンジしていってます^^;

2010年10月FELTのロードバイク「F85」を購入。
バイクと自転車の二刀流で遊びます。

そして現在・・・
ミニチュア制作にも手を出し、趣味に割く時間がいくらあっても足りない状態です^^;

このブログに流れ着いたのも何かの縁・・・
足跡帳↓を設けておりますので、
よければ何かコメントでも・・・^^;

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧

心はいつもリーンウィズ

どこでもバイク(たまに車)
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR