スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(その4)NATO軍 G10ストラップ風ストラップ自作

(その3)の続き

先日から手持ちの腕時計のバンドをナイロンストラップに替えるべく、
NATOタイプ風のストラップを自作してきました。
ただ、手芸店の切り売りのベルトは、15mm、20mm、25mm、30mm・・・といった5の倍数の幅の物しか販売されてません。

ところが私の持ってる腕時計は、ラグ幅(=バンドの幅)が18mm、20mm、22mmの3種類あります。
22mmは何とか20mmで代用可能だとしても、ラグ幅18mmに20mmのバンドを填めるのは無理です。


Pb252510_640.jpg
素材として18mm幅の物が手に入らない場合は最後の手段の100均頼み(笑)
これは100均で売ってる100円のベルトポーチなんですが・・・


Pb252515_640.jpg
ベルト幅18mm・・・とはいきませんが19mm幅。
ナイロンではなくポリエステルなのが残念ですが、素材が布で1mm差なら何とかなるでしょう。


Pb252511_640.jpg
制作中・・・


Pb252514_640.jpg
完成!


Pb252516_640.jpg

Pb252517_640.jpg
ラグ幅18mmのところに19mm幅のバンドを填めたわけですが、不自然さもなく良い感じに出来ました。

正攻法では見つからない素材や部品も、100均商品の中に必要なパーツが見つかる場合が結構あるから
100均商品は侮れません。
スポンサーサイト

(その3)NATO軍 G10ストラップ風ストラップ(腕時計ベルト)自作

(その2)の続き

先日から腕に巻く時、ストラップに等間隔に開けられた穴の位置で調節して腕に合わせる方式ではなく、
無段階で調節出来るストラップを作るべく、NATO軍が採用してるナイロン製の腕時計ベルト
「G10ストラップ」を参考にしつつ試行錯誤しております。


Pb222508_640.jpg
試作品2号を使用テストして結果出てきた問題点を改善し、更に試作品3号(右)試作品4号(右)を制作。

2日間使用テストを行いましたが、1日で繊維が毛羽立った試作品1号と異なり、
繊維が毛羽立ってきたり、勝手に緩んできたりということもなく、問題なく十分使用に耐えうる物に仕上がりました。
因みに制作費は最終的に1つあたり約400円。制作時間は1つあたり約1時間です。


Pb222509_640.jpg
左が100均で買ったカバン用のポリエステルベルト、右2つが手芸店で買った切り売りのナイロンテープです。

今回、100均、ホームセンター、手芸店といろいろ回り何種類かの素材で試作しましたが、
写真右の青いナイロンテープが最も品質が高く、まだ長期間の使用は行ってないものの、
今回の素材としては十分な役目を果たしてくれそうです。

店の人にメーカー名と製品名を尋ねたのですが、「切り売り用のナイロンテープ」
としか把握されておられず、メーカー名等は分からず仕舞いなのが残念です。

(その4)へ続く

(その2)NATO軍 G10ストラップ風ストラップ(腕時計ベルト)自作

(その1)の続き


Pb192473_640.jpg
1つ前の記事でナイロン製の腕時計ベルト「NATO軍 G10ストラップ風ストラップ」を試作しましたが、
試行錯誤しながら作ったこともあり粗さも目立つので、新たに部品を購入して再チャレンジ。


Pb192475_640.jpg
2つ目完成!
完成度が上がりました。

ナイロンベルトも試作1号に使用した50cmあたり100円の物から、50cmあたり150円の物にグレードアップ。
着け心地が良くなりました。
ベルトの値段は上がりましたが、逆にプラスチック製の角カンは3個100円という安いのが見つかったこともあり、
制作費は384円(税込)で済みました。


(その3)へ続く

(その1)NATO軍 G10ストラップ風ストラップ(腕時計ベルト)自作

私は金属製品を長時間着用すると、痒くなったり皮膚が赤くなったりしてきます。
ラバータイプの腕時計ベルトも装着感が好きではないので、腕時計は7つほど持ってますがあまり着用してません。

いちいち時間を見るのに携帯を出すのも面倒だし何とかしたい・・・


・・・で、目を付けたのがナイロン製のベルト↓
Imgp0110_640.jpg
「NATOタイプストラップ」を購入しました。(値段¥1,780)
NATO軍が採用してる腕時計用の軍用ストラップに「G10ストラップ」というのがあるらしいのですが、
そのG10ストラップ風に作られた品です。

購入してから1週間ほど着用してみましたが、腕が痒くなったり赤くなったりすることもなく快適です^^
唯一不満な点を挙げるとするならば(これは他のベルトでも言えることですが)
ベルトの穴の位置が私の好む位置に微妙に合わないことでしょうか。
キツ過ぎるかな・・・と穴を1つずらしたら今度は少し緩い・・・^^;という感じです。

無段階で調整出来て好みの長さに完璧に合わせられるようにはならんもんか?

ナイロンのベルトなら簡単に手に入るし・・・









作る?









Imgp0109_640.jpg
試作品完成!「NATO軍 G10ストラップ風ストラップ」(笑)
制作費は約400円^^


Imgp0111_640.jpg

Imgp0106_640.jpg

Imgp0107_640.jpg
長さは無段階で調節出来ます。
自由に長さが調節可能な腕時計用ベルトではマジックテープタイプの物があります。

最初はマジックテープを利用して作ろうと思いましたが、マジックテープタイプのベルトは
製品レビューを見ると、1年もするとテープがバカになってくっつかなくなってしまうようです。

このベルトはベルト用の「角カン」や「アジャスター」といったパーツを上手く用いて
勝手に緩んできたりしないようにしてあります。


Imgp0108_640.jpg
着け心地も悪くありません。
完成後5時間ほど装着してみましたが、実用上問題はなさそうです。


(その2)へ続く

11/15(土)誕生日ケーキ

記事が1日遅れになってますが、11/15(土)は義父の誕生日なので、昼からケーキ作り。
Imgp0084_640.jpg
まずは生地作り。
今日は午前中に別の用事があったので時間的な余裕があまりありません。
完成したケーキを冷やすのに2時間は欲しいので結構ギリギリ^^;


Imgp0085_640.jpg

Imgp0086_640.jpg

Imgp0087_640.jpg
いつもここで失敗して不恰好なケーキになるので慎重に作業を進めます。


Imgp0088_640.jpg
よ~し、今回はまあまあ上手く出来そうな予感(笑)


Imgp0091_640.jpg
完成!
チョコレートの文字も失敗せずにまずまずな感じ^^


Imgp0092_640.jpg
間に合った~
前回と同じく生クリームは、ホイップ200mlに対して砂糖10gの配分で甘さ控えめです。
訪問者数
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ジェベル・ノッテル

Author:ジェベル・ノッテル
2011年6月19日にこちらのブログに引っ越してきました。

ジェベル200というオフロードバイクに乗ってあちこち走ってます。

スズキから新型が出るのを待ってましたが、結局ジェベル200はモデルチェンジされることもなく生産終了になってしまいましたorz

スズキが新しいの出さないので、ジェベルを自分で勝手にモデルチェンジしていってます^^;

2010年10月FELTのロードバイク「F85」を購入。
バイクと自転車の二刀流で遊びます。

そして現在・・・
ミニチュア制作にも手を出し、趣味に割く時間がいくらあっても足りない状態です^^;

このブログに流れ着いたのも何かの縁・・・
足跡帳↓を設けておりますので、
よければ何かコメントでも・・・^^;

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも一覧

心はいつもリーンウィズ

どこでもバイク(たまに車)
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。